不感症改善薬「女性用バイアグラ」

不感症とは性欲はあるのに、セックス時に性的な快感が得られない体質のことを指します。不感症は、解剖学や生理学のいずれにおいても、最初から女性に何かが欠けているということではなく、性的な感情がなんらかの原因で抑制されることによって起こるものです。

不感症を改善するために、女性用バイアグラを開発されました。女性用バイアグラはどんな効果・副作用がありますか?これから、紹介しましょう。

ラブグラは、アジャンタファーマ社が開発した女性の不感症を改善することを目的とした医薬品で、女性用バイアグラとも呼ばれています。この薬を飲むことで、性交時に、膣と、外陰に必要な血液を改善し、性交中の快感を間接的に強くします。不感症や絶頂しにくいなどの悩みを持つ方に効き目があります。

ラブグラの主成分クエン酸シルデナフィルには、PDE-5と呼ばれる酵素を阻害することで女性器周囲の血流を良くし、膣内に潤いを与えて性的快感を増幅させる効果があります。性交渉の途中で膣内・外陰の血流が悪くなり男性側の中折れを誘発することも軽減され、不感症や絶頂不全といった女性に多い性交における悩みが解消されます。

パートナーとの愛情を深めるために、または旦那様との夜の営みを刺激的に楽しむために、ラブグラをお試しになることをお勧めします。